会社設立の資本金について

###Site Name###

会社設立を行う時には資本金をいくらにするのかを決める必要が有ります。平成18年に施行された新会社法では最低資本金額が1000万円から1円に引き下げられているわけですが、資本金と言うのは会社の規模の指標となるものですので、1円と言った資本金で会社設立をするケースは少なく、大半の場合が300万円から500万円と言った資本金にして会社設立を行う起業家が大半を占めると言われています。



この資本金と言うのは、金融機関に払い込みを行って通帳を記帳する事で払い込み証明書の作成が出来るようになっています。

従来の会社法の法律では金融機関に対して払い込み証明書の交付を求めることが必要となっていたのですが、信用取引を行う金融機関は設立前の会社に対しての信頼性が無い事からも証明書の交付を断るケースが多く在り、払い込み証明書の交付を行ってくれる金融機関を探す事が会社設立の中では必要と言われていました。


現在では通帳を記帳した後、必要なページのコピーをとって払い込みを行ったことを証明できる書類を作成すれば良くなっているのです。



所で、この資本金と言うのは必ずしも現金でなければならないと言う事は無く、現物出資と呼ばれる方法でも良いとされているのです。現物出資と言うのは、自動車、パソコン、有価証券と言った換価する価値を持つ品物になりますが、定款の中で定める事で現金以外にも物を利用して資本金として利用することが出来るのです。